26 Dec '11, 11pm

キリン生ビール、シンガポールで展開開始-タイガービールのメーカーが担当 - シンガポール経済新聞

 タイガービールのメーカーとして有名なアジア・パシフィック・ブルワリーズ(459 Jalan Ahmad Ibrahim)は12月21日、キリンの生ビールをシンガポール島内で展開すると発表した。  同社は、キリン・ホールディングスが昨年資本参加した飲料メーカー、フレイザー・アンド・ニーヴ社のグループ子会社。今年8月に通常通り熱処理された「キリン一番搾り」の卸売りを開始。11月には歓楽街「クラーク・キー」に日本のDJやダンサーを招聘(しょうへい)してクールジャパン関連イベント「Kirin Ichiban Fest」を開いた。  同社キリン製品担当者は「キリンの生ビールを飲むために、もうわざわざ日本へ出掛ける必要はない。シンガポールで飲める場所は今後どんどん増やしていく」と意気込む。  現在、Aquanova Restaurant Bar(クラーク・キー)、Extra Virgin Pizza(ラッフルズ・プレイス)、Lucky 13(オーチャード)などで注文できる。

Full article: http://singapore.keizai.biz/headline/5228/

Tweets