10 Jan '12, 9am

シンガポール・チャンギ国際空港にラーメン集積施設がオープン - シンガポール経済新聞

 シンガポールで和食レストランを展開するコマース・ホールディングスは昨年12月22日、チャンギ空港第3ターミナル(65 Airport Boulevard #B2-58 Terminal 3)公共エリアにラーメン集積施設「らーめんチャンピオン」をオープンした。同施設は7月にブギス地区のSC「iluma」(201 Victoria Street)にオープンした同名施設の成功を受けた第2弾。  席数は約60席。調理ブースに出店するのは「がんてつ」(北海道)、「博多一幸舎」(福岡)、「元助」(福岡)、「力」(東京)の4店。「元助」と「力」は海外初出店。   街なかの初施設と同時にスタートした約1年半にわたるコンペティション「ULTIMATE RAMEN CHAMPION 2011 SINGAPORE(究極のラーメン・チャンピオン)」は引き続き開催中。同コンペは売り上げやフェイスブック、会場での投票の結果で総合的に優勝者を決めるもの。終了時期は今年12月だが、名称内の年号は引き続き2011を使用する。空港施設のオープンで「元助」「力」が、新たにコンペに加わる形となった。  コマース?ホールディングスのマーケティングマネジャー、松平さんは「待たずにすぐ食べられるラーメンは、フライトの前など時間が無い場合にもぴったり。ぜひ立ち寄ってほしい」と話す。同社シニア・マーケティング・エグゼクティブのChinさんは「シンガポール人は、細麺でクリーミーな味が好き。街なかの初の施設での一番人気は現在のところ博多一幸舎だが、空港という場でどの店が勝者となるかが楽しみ」という。 シンガポールに集積施設「らーめんチャンピオン」-コンペも開催 新横浜ラーメン博物館、「野球盤」テーマに回顧展(港北経済新聞) 松本にラーメン店「麺肴ひづき 湯きりや」-サバ節使ったあっさりスープがメーン(松本経済新聞) 大井町に無化調スープのラーメン店「麺壱 吉兆」-戸越から移転(品川経済新聞) 岩本町「あたりや食堂」が冬季限定「カレーラーメン」-都城本店の味再現(神田経済新聞)

Full article: http://singapore.keizai.biz/headline/5231/

Tweets