25 Jan '12, 10pm

カジノ複合リゾート「マリーナベイ・サンズ」に直結の鉄道駅が開業 - シンガポール経済新聞

 シンガポールの新しいアイコンとなったカジノ複合リゾート「マリーナベイ・サンズ」の地下に1月14日、各施設に直結するMRT鉄道環状線ベイフロント駅が開業した。同駅開業は環状線の延伸線開通に伴うもので、SC「パルコ・マリーナベイ」があるプロムナード駅から延伸し、南北線マリーナベイ駅まで接続した。  ベイフロント駅開業に際し中国語の名称をめぐるエピソードも。同駅の名称を中国語で「海湾」と決めていたが、既存のLRT線コーブ駅の中国名と同一であることが判明。急きょ「海湾舫」に変更したという。  乗客の一人は「これまで会議への出席のためなどでサンズに来る度に交通の不便さを感じていた。これまではマリーナベイ駅からバスに乗り換えていたが電車に乗り換える方が便利」と話していた。  南北線に加え環状線延伸線のターミナルにもなったマリーナベイ駅は2016年にダウンタウン戦も開通。新都心として利用者の増加が見込まれる。 シンガポール中心部外縁を結ぶ鉄道「サークルライン」西側部分が開通(シンガポール経済新聞) 阪神百貨店で「全国有名駅弁とうまいもんまつり」-東北特集も(梅田経済新聞) 京王高尾線開業初日の特急列車を模型に-京王れーるランドで限定販売(八王子経済新聞) 新橋駅前ビルに鉄道バー「新橋停車BAR」-鉄道グッズ店経営者が開く(新橋経済新聞) 震災で被災した鉄道レール、三陸鉄道が2回目の販売を開始(盛岡経済新聞)

Full article: http://singapore.keizai.biz/headline/5237/

Tweets