15 Mar '11, 3am

シンガポール在住のアーティストがチャリティ・イベントに集結-日本の被災者への支援を訴え - シンガポール経済新聞

 東北地方太平洋沖地震の被災者を応援するチャリティ・イベント「GAMBATTE! JAPAN from SINGAPORE」(頑張って!日本 from シンガポール)が3月17日、BluJaz Cafe(11 Bali Lane)で開催され、国内のミュージシャンやダンサーなど約50組のアーティストが集まり被災者救済への協力を訴える。  同イベントの発案は企画会社「Vivid Creations」。同社と音楽プロジェクト「Ayaschool」、「シンガポール和僑会」の共同主催。会場はアラブストリートエリアにある人気のカジュアルレストラン&バーで、施設内の1~3階のそれぞれのフロアで18時から一斉にパフォーマンスがスタートし、深夜遅くまで次々とアーティストが登場する。イベントの様子はユーストリームで生中継を予定。イベントと同タイトルの持続的プロジェクトのキックオフの意味も併せもっている。  会場では義援金を募集。アジアの被災地で救援活動を展開する人道支援団体「Mercy Relief」(マーシー・リリーフ)に贈られる。同団体はリー・シェンロンさん(現シンガポール首相)の主導で2003年に設立された非政府組織。飲料水、衛生、避難施設、持続的な生活手段、健康、教育などにフォーカスし長期的な支援を行うことを目的としている。同団体からは14日先遣隊が出発している。  同イベントはfacebookなどでも呼びかけを展開。15日7時の時点ですでに670人を超えるシンガポール在住者がイベントへの参加を表明している。 GAMBATTE! JAPAN from Singapore(facebook) GAMBATTE! JAPAN from Singaporeチャリティ・イベント(facebook)

Full article: http://singapore.keizai.biz/headline/5126/

Tweets