21 Mar '11, 5pm

プレミアム・シングルモルト2種、ロバートソンキーのバー&酒販店に入荷 - シンガポール経済新聞

 シンガポール在住の駐在員が仕事後のひとときを過ごすロバートソンキーのバー&酒販店「Fine Spirits By La Maison du Whisky」(80 Robertson Quay)に3月11日、プレミアム・シングルモルト2種類が入荷した。入荷したシングルモルトは、ラフロイグ25年と1987年のシングルカスク余市。いずれもグラスでもオーダーできる。  同店は世界中から集めたウイスキーやほかの蒸留酒を世界中から集め販売する。ほとんどの種類はグラスでオーダーし、その場で試すことができるのが特徴。ウイスキーはスコットランドや日本をはじめ、インドやオーストラリアなどの新世界からのももの含め40種類以上。ウオツカやジン、テキーラ、コニャック、ラム酒などの蒸留酒は100種類以上。「仕事とパーティー前のちょっとしたひとときに利用してもらえれば」とゼネラルマネジャーのJeremy Moreauさん。  内装は、床にクルミ材、バーにはバラウ材や黒ガラス、皮革などを使い、木のたるで作った家具や古びたシガーラウンジの雰囲気を思わせる設計になっている。  「ウイスキーにおいてシンガポールは成熟市場。私たちのラインアップは十分期待に応えられると思う」とMoreauさん。 営業時間は12時30分~24時。日曜定休。 「ニッカウイスキー仙台工場」見学者が増加-ハイボール人気背景に(仙台経済新聞) ウイスキーで有名なアイラ島を映像に-カンヌ受賞の写真家がDVD化(サカエ経済新聞)

Full article: http://singapore.keizai.biz/headline/5127/

Tweets