28 Mar '11, 7am

中田英寿さん、シンガポールでチャリティー・マッチ-アルビレックス新潟Sと共同で - シンガポール経済新聞

 元サッカー日本代表の中田英寿さんが4月2日、アルビレックス新潟シンガポール、シンガポールサッカー協会と共同で東日本大震災の復興支援を目的としたチャリティー・マッチ「S League Cares, TAKE ACTION ! With Albirex Niigata Singapore」をジャランベサルスタジアム(100 Tyrwhitt Road)で開催する。  同試合はアルビレックス新潟Sが、中田さんが代表理事を務める「TAKE ACTION FOUNDATION」(東京都渋谷区)に呼びかけて実現したもの。中田さんはアルビレックス新潟Sと合同チームを作り、シンガポールのプロサッカーリーグ「Sリーグ」の選抜チームと対戦する。試合には沢登正朗さんや前園真聖さんら元日本代表選手も駆けつけるほか、Sリーグで活躍する中村彰宏選手、金古聖司選手(以上タンピネス・ローヴァーズ所属)、新井健二選手(ホーム・ユナイテッド所属)も日本チームでの参加を予定する。  中田さんは総合リゾート施設「リゾート・ワールド・セントーサ(RWS)」で3月27日に行われた記者会見に出席。「サッカーは単なるスポーツではなく、人と人をつなぐことができる。被災地の人が必要としているのはお金や食糧だけではなく、人と人とのつながり。今回の震災の被害は非常に大きく、海外の人々からの助けも重要になってくる」と話し、シンガポールの人々に被災地への支援を呼びかけた。また「今回の取り組はすべての始まりで、これをきっかけにして今後もチャリティー活動を続けていきたい」として、ヨーロッパやアメリカなどでも震災復興の支援活動を行っていく考えを示した。  3月31日にはRWSでガラディナーも開催する。会場ではオークションも実施し、中田さんが提供する各種グッズのほか、チャリティー・マッチの試合中に日本チームのベンチに座ることができる権利も出品される。試合とガラディナーの収益は、シンガポール赤十字社を通じて義援金として寄付する。  試合開始は17時。チケットは、グランドスタンド=12シンガポールドル、一般席...

Full article: http://singapore.keizai.biz/headline/5130/

Tweets