31 Mar '11, 2pm

チャリティー・キャンディー「Pray for Japan」、シンガポールの専門店が販売 - シンガポール経済新聞

 東日本大震災発生から約3週間たつ現在も、シンガポールでは平日・週末を問わず国内各所でチャリティー・イベントや小売店・レストランなどでのチャリティー活動が行われている。  キャンディー・ショップ「Sticky Singapore」(6 Eu Tong Sen Street)は、チャリティー・キャンディー「Pray for Japan(日本のために祈る)」を販売。「日本」「PRAY」のメッセージが入った紅白のキャンディー(1袋=5シンガポールドル)の売り上げ全額を人道支援団体「Mercy Relief Singapore」 に寄付する。販売開始から1週間で約500袋が売れ、約2,500ドルが集まったという。  オーナーの1人、クリスティン・リムさんは「多くの顧客が興味を持ってくれていて、20袋くらいまとめて買う人や、お釣りを全て寄付してくれる人もいる」と話す。「他店のチャリティーでは一口数十ドルという高額な単位で寄付を募っているところもあるが、このキャンディーならば、若者や小さな子どもでも自分のお小遣いで買うことができ、同時に日本の被災者のための支援にもなる」とも。  チャリティー・キャンディーの販売は今後も継続予定で、4月には新デザインを投入予定。  営業時間は10~22時。 横浜・大岡川で「お花見チャリティクルーズ」-乗船料は全額寄付(ヨコハマ経済新聞) シップス、原宿に限定チャリティーショップ-売り上げ全額を寄付へ(シブヤ経済新聞) 経堂「パクチーハウス」がチャリティー企画-追加パクチーで義援金(二子玉川経済新聞) 二子玉川ライズにプレッツェル専門店「アンティ・アンズ」-レモネードの売り上げを義援金に(二子玉川経済新聞)

Full article: http://singapore.keizai.biz/headline/5132/

Tweets

#Singapore got cabbages from Japan with radiation-IAEA

#Singapore got cabbages from Japan with radiati...

asiaone.com 31 Mar '11, 1am

VIENNA - Singapore has told the U.N. nuclear watchdog some cabbages imported from Japan had radiation levels up to nine ti...