23 Apr '11, 5am

F1マシン、オーチャード・ロードをデモンストレーション走行 - シンガポール経済新聞

 オーチャード・ロード上で4月24日夕方、レッドブルのF1マシンがデモンストレーション走行を行う。  デモンストレーション走行が行われるのはIONオーチャード周辺からマンダリン・ギャラリー周辺までの約800メートルのエリア。中間地点にあたるニー・アン・シティ前シビック・プラザ(391 Orchard Road)にはピット・ガレージとVIPエリアが設置される。F1マシンを操作するのは元F1ドライバーのデビッド・クルサードさん。ショート・スプリントやバーンアウト、ドーナツ・ターンなどの技術が披露される。  シビック・プラザではアウディR8 LMSやTT RSなどがディスプレーされるほか、ソニープレイステーション3のグランツーリスモ5を試せるコーナーやF1シンガポールGPのシミュレーター4台なども設置される。  レッドブルチームのシンガポールでの同様のイベントは第1回F1シンガポールGPが開催された2008年以来2回目。前回はシンガポールの恒例行事「チンゲイ・パレード」の一環として行われたが、今回は単独開催となる。 一風変わったアイス店、バンコクの原宿「サイアム」で話題に(バンコク経済新聞) バンコク市街地でF1デモラン走行-国王陛下84歳祝賀イベントで開催へ(バンコク経済新聞) 代々木体育館でブレイクダンス世界大会-レッドブル、日本で初開催(シブヤ経済新聞) 六本木ヒルズに「リーボック・カフェ」-最新トレーニングシューズをアピール(六本木経済新聞)

Full article: http://singapore.keizai.biz/headline/5139/

Tweets