10 May '11, 6am

シンガポール航空、機内電子図書館に一流誌20誌追加-環境対策の一環で - シンガポール経済新聞

 シンガポール航空は5月6日、機内エンターテインメントシステム「クリスワールド」内の電子図書館に国際的に有名な一流雑誌20誌を追加すると発表した。機内へ持ち込む印刷媒体の量を減らして環境対策の一環とする。  対象となるのは、パナソニック製eX2機内エンターテインメントシステムが搭載されているエアバスA380とボーイング777-300ER。順次A330-300やA340-500にも導入される。「エコノミスト」「ブルームバーグ・ビジネスウィーク」「ウォール・ストリート・ジャーナル」「プレステージ」「エル」など。同社は昨年7月から機内誌「シルバークリス」「クリスショップ」「クリスワールド」の3誌を試験的に導入していた。今後も追加を予定しているいう。  シンガポール航空と共同で電子図書館を運営するスマートペーパーズ・アビエーションズ社のウィンストン・ウェイ社長は「シンガポール航空のパートナーとして画期的なサービスを提供できることを喜ばしく思う。キーワード・サーチやフォントサイズ変更、自動スクロール機能、ズーム変更などで快適に電子図書館を利用してもらいたい」と話している。 シンガポール航空、羽田線就航-既存成田便と合わせ東京行きは1日4便に(シンガポール経済新聞) シンガポール航空が初の料理本出版-世界の有名シェフ10人が監修(シンガポール経済新聞) 内外の航空会社キャビンアテンダントらが募金活動-天神・イムズで(天神経済新聞) バンコクで「旅行フェア」-シンガポール航空がエンポリアムで開催(バンコク経済新聞) シンガポール航空と京急、共同キャンペーン-羽田国際線新駅開業記念(羽田経済新聞)

Full article: http://singapore.keizai.biz/headline/5145/

Tweets