01 Jun '11, 2pm

LinkedIn、上場して遂にアジア太平洋へ本格進出。統括持株会社は当然SGに設置。|SNS「リンクトイン」、シンガポールに地域統括会社設立

 プロフェッショナルのためのグローバルSNSサイト「LinkedIn(リンクトイン)」が5月31日、アジア太平洋地域を統括するリンクトイン・シンガポールを設立した。  リンクトインは人材と仕事を結びつけるソーシャル・ネットワーキング・サービス・サイト。2003年設立。本社は米国シリコンバレー。会員数は1億人以上で、日本を含むアジア太平洋地域に既に1,800万人以上がサービスに登録。米国のトップ企業のリスト「フォーチュン100」のうち73社が同サービスを利用している。企業採用担当者は機会を待つ才能の持ち主の発掘のために活発に利用しているという。5月19日にニューヨーク証券取引所で上場して間もない。  シンガポールには多国籍企業の本社が4,000以上所在。フォーチュン500のうち3分の1以上の会社が含まれる。リンクトイン・シンガポールは当初広告主や会員の募集を主な業務として営業するが、次第に多国籍企業の採用担当や人材派遣会社とのパートナーシップ契約に注力していくという。  「リンクトインは真のグローバルネットワーク。シンガポールは才能のハブでもあるので、ここを拠点に周辺地域とのネットワークを強めていきたい」と、アジア太平洋および日本担当社長Arvind Rajanさんは話す。「既に利用しているアジアのメンバーは自分のオンライン上のブランディングを重視している。このタイミングでメンバーのキャリアのため、採用担当者や人材紹介業者が最良の才能を見つけるために最善のサービスを届けていきたい」とも。 合言葉でスイーツが半額に-姫路のカフェがSNS使い割引企画(姫路経済新聞) 地域密着SNS「I LOVE 下北沢」-直接取材した店舗情報も掲載(下北沢経済新聞) 大学生が秋葉原・地域課題解決企画-SNS使いゴミ拾い参加呼びかけ(アキバ経済新聞) 宇部の地域SNS「うべっちゃ」が2周年-ヒストリア宇部で記念イベント(山口宇部経済新聞) リンクトイン・シンガポール

Full article: http://singapore.keizai.biz/headline/5154/

Tweets