14 Jun '11, 2pm

シンガポールの空中庭園で撮影-SMAPの新CM、放映始まる - シンガポール経済新聞

 シンガポールの空中庭園「サンズ・スカイパーク」で撮影されたテレビCM「ソフトバンク×SMAP -パーティー編」が6月6日から、日本全国で放送されている。同庭園はカジノ複合リゾート「マリーナ・ベイ・サンズ」(1 Bayfront Avenue)のホテル3棟においかぶさるように渡された施設で、地上約200メートルに位置し、長さ約150メートルのスイミングプールがある。  撮影日は3月2、3日の2日間。日没直後の「マジック・アワー」と呼ばれる美しい時間に集中して行われた。撮影時間は約4時間。エキストラは約300人。ヘリコプターやクレーンからの撮影を含む計5台のカメラを使い、20テイク撮影された。BGMは従来同様「The Loco-motion」。完成版は15秒と30秒の2種類がある。撮影前日までの約1週間は曇天が続いたが、撮影初日は晴天に恵まれた。  今回のシンガポール・ロケに関して、SMAPメンバーは次のようにコメントしている。  中居さん「5人で海外へ行く機会はあまりないので楽しかった。このCMシリーズで前回はニューヨークで今回はシンガポール。次はどこに行けるのだろう。日本はまだまだ寒いがここは暖かくて気持ちいい」  草彅さん「東京から6時間ぐらいのフライトで全くの別世界。ホテルの屋上での撮影は空がきれいで夢の国に来たような感じ。本当に楽しくて最高」  香取さん「SMAP全員で来られたことが本当にうれしい。撮影直後で他のメンバーはゆったりしているけど僕は気持ちを抑えるのが大変」  木村さん「最近はCGで何でもできると思われがちだが、このCMは割とワンカット撮りが多い。ホテルの人たちが特別なシチュエーションを提供してくれたおかげで、スタッフのこだわりや大勢のエキストラのエネルギーを生かして素晴らしいシーンを撮影することができた。今のシンガポールの様子を見て5年後を想像すると、もっとすごい都市になっているに違いない」  稲垣さん「SMAP全員で東南アジアにいるというのが何だか不思議な感じ。シンガポールは想像していた以上にロマンチックで、夜景もき...

Full article: http://singapore.keizai.biz/headline/5159/

Tweets