28 Jul '11, 5am

廃棄物処理とリサイクルのための国際会議、シンガポールで初開催 - シンガポール経済新聞

 カジノ施設に併設する展示会場「サンズ・エキスポ&コンベンション・センター」で7月2日~5日の4日間、アジアで毎年増え続ける廃棄物の処理法を討議するイベント「WasteMET Asia」が開催された。「WasteMET」は「廃棄物管理と環境テクノロジー」という意味の英語を略したもの。  主催はWaste Management and Recycling Association(廃棄物・リサイクル対策協会、WMAS)とNational Environment Agency(国家環境庁、NEA)。シンガポール・エキスポでのイベントを管理するSingexが運営管理を担当。国際廃棄物協会(ISWA)が協賛。  初開催となる今年のテーマは「East Meets Waste -Solid Waste Management Solutions for A Growing Asia」(東洋はゴミに会う-成長するアジアのための固形廃棄物管理ソリューション)。「ウエスト(西洋)」の部分を「ウェイスト(ゴミ、廃棄物)」に言い換えている。  国際復興開発銀行(世界銀行)のリポートでは2025年までにアジアの主要都市では年間1800万トンのゴミを排出し、その処理のために500億米ドルを費やさなければならなくなるだろうとされ、これまで以上に廃棄物のエネルギーとしての利用や環境対策、埋め立てとして利用するゴミを最小化することが必要になってくるという。  イベントは「Waste Management Symposium 2011(廃棄物管理シンポジウム2011)」で開幕。最新の道具やテクノロジーが紹介される展示会や、専門家とマーケットリーダーが議論するサミットやコンファレンスなどさまざまな仕掛けが取り組まれた。  「このイベントは回数を重ねるごとにマーケティング担当や専門家が毎年世界中から集まるメジャーなものになっていくだろう」とWMAS会長のGuan Eng Hockさん。Andrew Tan国家環境庁長官は「各国政府高官と民間のリーダーやベンチャーの人たちが出会える魅...

Full article: http://singapore.keizai.biz/headline/5176/

Tweets

シンガポール航空、ボーイング777-300ERを追加発注 - シンガポール経済新聞

singapore.keizai.biz 10 Aug '11, 12pm

 シンガポール航空は8月10日、中長距離路線向けにボーイング777-300ERを8機追加発注すると発表した。同社はこれまでに同機を19機購入、就航させている。  投資金額は総額約23億米ドル。いずれも3クラス制のレイアウト。2013年から201...

アルビレックス新潟S、リーグカップ決勝進出-クラブ史上初 - シンガポール経済新聞 #albirex

singapore.keizai.biz 29 Jul '11, 5am

 シンガポールのプロサッカー・Sリーグのアルビレックス新潟・シンガポールは7月27日、ジュロンイースト・スタジアム(21 Jurong East Street 31)でリーグカップ準決勝を戦い、PK戦の末にタンピネス・ローヴァーズを下し、決勝進...